代表者挨拶

代表者挨拶 この度は、当店のHPをアクセス頂き有難う御座います。社長の一言ということですが、社長と言われましても大工職人の代をついてまいりました私、大工の棟梁としてこれから建物に関して言うならば、建物の良し悪しは、建物の下地造りをする大工と各職の仕事を見る目ききの出来る棟梁から成り立っていると断言します。
  なぜなら建物すべては各職との合作であり、大工職の下地造りと各職の目利きがきちんと出来ているからこそ基礎から内外装、屋根等 建物に関するすべての職人を指示が出来るのです。そのすべての職人の仕事の把握が出来て初めて棟梁と言えるのです。
  口先営業で何もわからない人が各職人を金銭だけで動かしていては、出来た後のトラブルとなります。
  高価な御買い物です。お客様自身の満足と親しみ有る価値観を得て下さい。
終わりに、建物を建てるご予定がある方の業者選びは、多くの建物を見て、気に入った建物を工事した業者の工事内容等、各職のチームワーク等をその家の人に見聞きする(三軒以上のお施主さん)ことと地元業者で大工の請負業者が一番だと思います。
  ちなみに、当店も大工の請負業者です〝心をこめた住い造り〝をキャッチフレーズとしております。
  大変長くなりましたがお付き合い頂き、有難う御座いました。